管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング




石原都知事、アホな記者
の質問にブチ切れ



YouTube

DVDニューヨーク

アマゾンで購入

見本はこちら

オールナイトNYC

見本はこちら

一覧表を見る

 
キャッツキルの山の中へ一人旅
何が有る?山の中…

 
このページはリムジンサービスの乗客の皆さんの話のうち「へえ~」とか「えっ?」とか思った話を他の人の参考になればと お知らせする「リムジン日記」です。

今回も女性の一人旅だが行くところが半端ではない山の中の話である。 以前にニュージャージーのMorris郡へ行った女性がいたが、その際に「林以外は何もないところ」と書いたが、ヒルトンホテル が有るくらいだから多少の人気はあるところであったが、今度は正真正銘の山の中でありホテルすらないのである。
「えっ? まさか泊まるところが有るの?」という話である。

キャッツキルの山
東京都がすっぽり入ってもまだお釣りがくるほどの大きさの キャッツキル・ニューヨーク州立公園

七月の下旬日本のD子さんからホームページのサイトから問い合わせが入った。
普通は住所(市町村名まで)と職業くらいは書くのだが、この人は名前以外は何も書いていないのでどこのだれべえか分からない。
もしも、これが逆で有ったら、つまりどこのだれべえが分からない人の車に乗せてもらって山の中へ行こうものなら異国の地で無事 に帰れる保証は全くと言ってよいほどないだろう。
しかし、今回はお客さんがどこのだれべえか分からないだけの話なのでお客さんにしてみれば別に危険はない。

問い合わせには『マンハッタンからWoodburne,NYというところに行きたいが車が空いているか、料金は幾らか?』と書いて有った。
「Woodburne,NY? 聞いたこと無いな…」という第一印象。
人口が10万人くらい有る町はニューヨークでもニュージャージーでも「大都会」と言える。そのような町は「あそこか?」 となる訳だが、人口が5万もあれば「聞いたことは有るがどこだろう?」となり、2-3万以下の町では「聞いたこと無いな」という 町に分類される。
ニュージャージー州の人口は870万人だが、日本で言えば東京、神奈川についで第三位の大阪府(880万人)と同じ 規模である。
ちなみにニュージャージー州内には560を超える市町村があるが、人口20万人を超える市はわずか2市、10-19万人の人口 を抱える町が2市、5-9万人の町が30市有る。5万人以下の町が500以上ある計算になるが、人口が1万人以下の町村が 300を超える。
つまり、ひとつひとつの行政単位が小さく分かれていることになる。
ニューヨーク州も同様である。しかしながら、面積の大きいニューヨーク州では市町村の数が994と言われている。
そのうちの半分でも覚えていたら大変な知識というか記憶力と言える。

「Woodburne,NYつまり番外地ということだな」と思いつつグーグッたところ場所が分かった。
距離を調べて料金の計算をして返信をしたところすぐにオーダーが来た。
さてさて、場所は分かった。ニューヨーク市の北西へ車で2時間(約200km)ほど走るキャッツキル州立公園の山の中の 町か村で最寄のスーパーマーケットなどがある町まで約20kmはある山の中であることが分かった。
地図で見る限りでは「林」しかないと思える表示である。
このキャッツキル州立公園の大きさは東京都全体(小笠原を含む)がすっぽり入ってもまだお釣りがくるほどのサイズであり、 1平方キロメートル当たりの人口密度は14人と言われている。
この人数がどれほどのものかと言うと、東京都の面積に住む人が僅かの3万人というのに等しい、つまり「ほとんど人が住んでいない」と いえる土地となるのである。

D子さんは日本を出る前日に問い合わせをしてきて返信に対しすぐにオーダーをしたが、そのオーダーが受け入れられた 珍しいケースである。つまり、利用希望日の2日前に問い合わせと予約ができたのであった。
そのおかげで当方は休日がパーになったが…。
D子さんはJFKからマンハッタンまでは自力(バスかタクシーか地下鉄か)で行っていた。
マンハッタンのホテルでピックアップをして「いざ、キャッツキルへ200kmのドライブ」と相成った。
車中での会話で「今日行かれるところはキャッツキルの自然公園内ではあるが、 夏のキャンプや川くだり、秋のハイキング、冬のスキーで賑わうキャッツキルの中心部からは大分外れているところで20kmくらい は距離があるため山と林しかないところだと思いますが、ピクニックに行くわけではないですよね?」と聞いてみた。
『私は趣味でヨガをしているためそこにヨガの合宿所みたいなのがあるのでそこに行くのです」という返事が返ってきた。
「ヨガの教祖さまでもいるんですかね?」と相槌を打ちながら高速道路をひたすら走る。

工程を半分ほど行ったところにあの有名な「ウッドベリーコモンズ」のアウトレットモールが道路脇にあるのでその話しをしたが 『私は知らないわ』という思いがけない返事が返ってきた。
30歳前後の女性ではあるが目的はショッピングではないにしろウッドべりコモンズを知らないという人には初めて出会ったのである。

更にしばらく走って高速道路を下りる。
ここから目的地までは更に20kmほど田舎道を走ることになる。
思っていたとおり辺りは林、林、林であり、畑すらない光景が続く。山の中なので道は登りもあれば下り坂もある。
しばらく走ったところで町中に出た、というより村の中心街と思える商店が道の両側に合わせて10数軒くらいあった。
ただの田舎とちょっと雰囲気が違うのがすぐに分かった。
どこの州にもほぼ共通していることだが、都会には黒人とヒスパニックがひしめき合っており、田舎の行くと白人ばかりとなるのであるが。

この町は白人なのだが白と黒の世界なのである。
真夏だというのに男は暑っ苦しい黒い洋服の上下に山高帽、白いワイシャツ、顔はもじゃもじゃのひげ面、女性は 白のブラウスと黒のツービースか白と黒の縞々模様の上着(長袖シャツの類)。
そう、お分かりのとおり皆がユダヤ人なのである。
ペンシルバニア州には有名な「アーミッシュ村」というのがあって、「非文明的な生活」を送っている人々ということで観光客 でそこに行く人も多いのは知っていたが。
Woodbourne,NYの人口は2000人ほどだが、近年、理由は不明だがニューヨーク市やニュージャージー州から大量(と言っても 町の人口が2000人なので数は知れてはいるが)のユダヤ人が集まって来ているという話である。
村の商店街を歩いている人の90%がユダヤ人と思えるほどの数である。ユダヤ人村といっても良いだろう。

商店街を外れたところから坂道を登り始めて山の上の見晴らしの良いところに彼女の言うところの「ヨガの宿坊」が有った。
「教祖様でもいそうな感じですがお布施とかするんですか?」と聞いたところ、『そんなのは有りません。一泊二食付きで 80ドル払うだけで寄付とかもありません』 という返事が返ってきたのでひとごとながら安堵した。
朝食をしてヨガをして、昼食をしてヨガをして、夕食をして就寝という日課になると聞いた。 ここに8日間滞在するそうである。
自分の車で行く人には単なる山の中のヨガ教室であり、いつでも「下界」に行くことができるが旅行者としてはそう簡単に は行かないので「山の暮らし」となる。

以前キャッツキルの川で夏場のフライフィッシングをしたことがあるが夕まず目から始めた釣りはいつしか夜の9時で辺り は真っ暗闇でになっていた。自分が持っている竿でさえも見えないほどの漆黒の闇であった。
ニューヨーク市内は東京と同じで星は数えるほどしか見えないが、ここキャッツキルの山中ではセミの声一つしない 闇の中で見上げた空には満天の星が輝いていた。
都会のヨガ教室も良いだろうが、このような人里離れた山の中の静寂の中でするヨガの修練も良いものかも知れない。

ついでに言うと、日本では毎年夏になるとセミ時雨が普通で昼間は大変に騒々しいが、ここニューヨーク州界隈では「17年ゼミ」 だったか「7年ゼミ」だったか忘れたが、そのサイクルでセミが出てくるので普通の年はセミの声はしない。
そのセミが出てくる年はすごいもので庭の垣根の木という木(潅木)にはセミの抜け殻が何十、何百とくっついているのを 見ることができる。今年はセミの年ではないのでセミの声は全くしない。


Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com




Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo