管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング




石原都知事、アホな記者
の質問にブチ切れ



YouTube

DVDニューヨーク

アマゾンで購入

見本はこちら

オールナイトNYC

見本はこちら

一覧表を見る

 
宝塚スターのバレー留学
怖くない?ハーレム?

 
このページはリムジンサービスの乗客の皆さんの話のうち「へえ~」とか「えっ?」とか思った話を他の人の参考になればと お知らせする「リムジン日記」です。

今回も女性の一人旅だが滞在先がマンハッタンのハーレムだった話。
ある日、リムジンサービスのオーダーが来た。
出発地はマンハッタン(New York, NY) だった。良くあることで別に驚くことではない。
「さて、住所はどこかな?」と内容を見ていくと、「えっ? ドキッ! ハーレムの真ん中じゃないの…? 」
ハーレム

11月の初め東京の男性から『娘がダンスの短期留学をするので帰りのJFK空港行きの送迎をお願いしたいが予約の可否と料金 を知りたい』という問い合わせが来た。
希望の12月早々の予定日と時間帯は空きが有ったためその旨返信をした。
同日中に予約のオーダーが入った。

「マンハッタンからJFK空港だな!」と思いつつ予約のオーダーの内容を見ていった。
「West136 St ?」「えっ? これってハーレムじゃないのか?」
「娘さん(E子さん、10-20歳)が一人でバレー教室に行くとはいえ行き先がハーレムとは勇気があるな!」と思ったのが 第一印象だった。

そう、125 St. がハーレムの中心でありApollo Theater が有るのもこの通りである。
セントラルパークの北端 110 St.から北がハーレムである。 125 St. がその中心であるが黒人街は更に北に 200 St. 以北まで 続いている。住人のほとんどが黒人とヒスパニック(中南米出身者)である。
1980年代まではマンハッタン(当時の人口140万人ほど)の犯罪の大半がこのハーレムで発生していたのである。その後歴代 の市長が「マンハッタン浄化策」と称して警察官を増やし犯罪の徹底的な取り締まりを実施したため警察を煙たく思う種類の 人間は更に北のブロンクスに避難をしたためマンハッタン自体の浄化はかなり進んだ。
とはいえども、1980年代までが悪すぎたので浄化が進んだとはいえマンハッタンの他の場所よりも治安が良いとは言えない。
最近でこそオプショナルツアーでハーレムのゴスペルを聴くツアーなどが結構人気であるがそれは昼間の話である。 夜も同様に 安全とは思わないほうが良い。 ましてや女性が一人で歩くことなど決して勧められる場所ではない。

『ハーレムは以前より安全だ』という考えの日本人の若者が10年ほど住んでいたそうであるが、最近10年目にして『ハーレムの 洗礼を受けた』という話を聞いた。 ある日、スーツケースを引っ張って自宅に帰る途中で数人に取り囲まれて殴る蹴るの暴行を 受けて大怪我をし、そのまま救急車で病院に担ぎ込まれたという話をその若者の知人という人から聞いた。

135 St. と言っても決して安全地帯ではない。それも若き女性が一人で歩くようなところではないと思ったほうが良い。
ハーレムから1kmほど西に離れたところに コロンビア大学のキャンパスが有る(一応地区名はモーニングハイツという)が 不思議なことに大学の周りはハーレムとは別世界と言えるほど静かでありここから1km離れたところにハーレムがあるのか? と思えるほどである。

「10代の娘さんがハーレムでバレー教室留学。なにも無ければよいが…」と思いつつ3週間が過ぎピックアップの当日が来た。
指定の住所に時間前に行き待ち合わせの09:00AMを待つ。 通りの通行人は黒人が90%、ヒスパニックが10%ほどの 印象を受けた。
9時丁度にそれらしき若い女性が出てきたので「E子さんですね…」と声をかけた。
『そうです!』ということで「やれ、やれ、無事であったようだ」と一人思う。
スーツケースをトランクに入れて、乗車して、一路JFK空港に向かって発車。

車内では世間話をすることが多いがBGMとしてカーラジオをかけておくことが多い。
英語のニュースを聞きたいという人はほとんどいないので普通はFMラジオのクラシックか、ジャズか、ポップスを流して おくが、最近は iPhone を音楽プレーヤーとして利用している。 プレイリストには1.BGM(イージーリスニング)、 2.ジャズ、3.シャンソン、4.ハワイアン、5.オーケストラ(往年のポールもーリアとか、パーシーフェイス等)、 6.中国語の歌(テレサテン)、7.ラテン、8.New York 等がある。

この日は女性がバレーの短期留学と聞いていたので「バレーをするくらいなら宝塚にも興味があるかな」と思い、シャンソンを 選んで曲をかけた。一番最初に流れてくるのは「すみれの花の咲くころ」で宝塚の千秋楽にスター達が一同に介して歌うもので ある。
後でバレー専門(クラシックバレーダンサー)のお客さんに聞いたところでは『バレーダンサーはほとんどがクラシックしか聴かない』 ということであったが、それまでの自分はそのようなことは知らなかったのである。

さて、「すみれの花の咲くころ」の曲が始まるとE子さんが驚いて言った『なんで??』
今度は私の驚く番で、なんでって言われてもただの音楽をかけたところだったので私の方も「何でって、なんで?」と言う。
「この曲知っていますか?」と私が聞くと。
『仕事で歌うことがありますわ』という返事。
今度は私が二度目のびっくり、「仕事で歌うってどんな仕事をしているんですか?」
まさか「宝ジェンヌ」がうしろの席に乗っているなどとは想像だにしていないのである。
深呼吸をしてから聞いた「まさか、宝塚ですか?」
『そのまさかよ!』
「えっ???? 宝塚?」
『はい!』

「いやいや、これは驚きました。バレーの留学に来たと聞いたのでもしかしたらこの曲にも興味があるかと思いシャンソンを かけたのです。」

その後はJFK空港までの1時間弱の間は私が宝塚についての色々なことを質問したがどの質問にも快く答えてくれた。
寮生活の規則の厳しいこと、休日に街に出るときのマナー(掟?)、洋舞、日舞、歌唱など等多岐に渡る練習、訓練。
華やかさの影にはプロとしての厳しいトレーニングがあること等。
それらを全部ここで紹介するならば更に2-3ページが必要となるが「1ページ1日記」なのでページの都合で全部を紹介 できないのが残念である。
JFK空港に着いて下車するときに何かを渡してくれた。
彼女の絵葉書というか公演の名刺代わりのブロマイドに彼女が車中でサインをしてくれたものであった。

今回の短期留学は無事終わり何事も無くて良かったですが、ニューヨークは種々雑多な人間の寄り合い所帯なので いつどんな危険な目に遭うか分からないので暮々も注意をすることを勧めます。
9年間は無事だったが10年目にして大怪我をさせられた人もいます。私に言わしてもらえるなら「9年間無事だったことが 奇跡だったのでは」と。
タクシーのぼったくりのページでも書いたことですが『10回ニューヨークに仕事で来ていた』という男性が11回目にして 『イエローキャブがJFK空港の地下に乗り入れて「メーターの2倍の料金を払え」という恐喝をされた」ということもあります。 被害に遭ったターミナル#3は現在取り壊わされ新しく建て替え作業が進んでいます。

「前回が無事だったから今回も無事」とは思わず、いつも注意をしましょう。


Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com




Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo