管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング



石原都知事、アホな記者の質問にブチ切れ



ナイトドライブNYC




YouTube

DVDニューヨーク

アマゾンで購入

見本はこちら

オールナイトNYC

見本はこちら

一覧表を見る











勘違いが多いフリーウェイ

どこか他のページで少し書いたような気がするが、高速道路「フリーウェイ」に関してまとめて 書いておこう。
日本でアメリカのフリーウェイといえば「無料の高速道路」のことだとほとんどの人がそう考えている。
「待てよ!」という人がいたらその人はアメリカに住んだことがある人だと言って良いだろう。
アメリカに住んだことがあると言ってもある特定の州、たとえばカルフォルニア州だけに住んだことのある人と その他の州、つまりアメリカと言っても日本の北海道と沖縄くらいの違いがある西海岸と東海岸の両方に住んだことの ある人とではその認識が大きく違う可能性があるのである。


Pacific Coast Highway
カルフォルニア州を始めとした西部諸州に住んだ人が「フリーウェイ」と言う場合は「無料の高速道路」を指す場合が多く、そのほとんど は間違っていない。
確かにフリーウェイとは「高速道路」の場合が多く、それはどこまで走っても「無料」のことが多いためである。
しかし、厳密にはフリーウェイのフリーとは「信号機フリー」つまり、信号機のないハイウェイのことである。
ほとんど町ではAvenueかStreetが多い。
まず、道路の種類から話をしなければならないだろう。
誰でも知っている「Street」(ストリート)、「Avenue」(アベニュー)が一番多く、次に「Boulevard」(ブールバード)、 「Road」(ロード)、「Drive」(ドライブ)等がある。
ではそれをどのように使い分けているかというと・・・およそ次のようになる。

大都市などでは大通りによくAvenueを使う。例えばニューヨークのマンハッタンでは南北に走る大通りをAvenueと呼んでおり、一方通行だが 車線は平均で6車線以上ある場合が多い。
東西に走る狭い道路はStreetと呼んでいる。しかし、車線は3車線以上あるのが普通。
大通りに付ける名前でBoulevardというのがあるが、これはパリのシャンゼリゼ大通りの構造を真似したものと言われ、片側2車線以上の幅を 持ち、両側にはゆったりとした歩道(幅5mとかそれ以上の場合もある、車線で言えば2車線以上を取れる幅)を設け、更に街路樹をふんだんに 使い道の景観にも気を配った作りの道路である。

ロスアンゼルスのWilshire Boulevard(ウィルシャー・ブールバード)やSanset Boulevard(サンセット大通り)が有名である。
道路の造り、格から言えばBoulevardが一番上に来るが、名前だけのBoulevardも多い。
アベニューとストリートで道路表示が足りなくなると、街中でも「Drive」(ドライブ)を使ったり、「Road」(ロード)を使ったりする。
一般的にはDriveとかRoadは田舎に多いと思っても良い。
それでも足りない場合は「Lane」(レーン)という名前も使う。
「Court」(コート)という道路名もあるが、これは決まって行き止まりになる短い、小道にもっぱら使われる。
そのため道路を走っていてCourtに入ったら、その道は行き止まりになると考えておくのが良い。行き止まりとは「Dead End」(デッドエンド)と 呼ぶ。「死の終わり」とは実に表現が良いと笑ってしまう。これなら誰でも「行き止まり」を実感することができる。
Streetでも行き止まりになる道もある。

この他にもCircle(サークル)、Way(ウェイ)、Terrace(テラス)、Place(プレース)その他があるがいずれも限定された小さい場所の道路に 付けられることが多い。


New Jersey Turnpike
片側5車線、両方合わせて10車線あっても混むときは混む
さて、これらのブールバードやアベニューやストリートでも州内の基幹道路となっている道は「州道」の指定を受けることがある。
州道に指定されると一桁、二桁、三桁の道路番号を付けられる。一桁が一番優先度(重要度)が高く、三桁になれば一般道と区別がつかない。
一桁の場合は道路整備が最優先で実施され、道路そのものはほとんど「高速道路」と区別がつかない。
区別があるとすれば「高速道路」の場合は州によってまちまちであるが、速度制限が時速55マイル(88km/h)、65マイル(104km/h)、 70マイル(112km/h)というように「高速」で走れるが、州道の場合は普通は時速50マイル(80km/h)以下のことが多い。

カルフォルニア州ではこのような「基幹州道」を「ハイウェイ」と呼ぶことが多い。
ハイウェイと一般道路の違いはハイウェイには「中央分離帯」が有る(無いところもあるが)。
道路は広く(片側3車線かそれ以上)、街中にないので基本的にまっすぐな道路が多い。
ハイウェイには基本的に信号機が付いていることが多い。つまり、ハイウェイは一般道のひとつでありその他の道路と平面交差しているためである。

このハイウェイから「信号機を取り去った道路」が「『信号機』フリーの道路」、つまり「フリーウェイ」なのである。
信号機が無いということは一般道と平面交差は不可能となるので、我々が知っている「高速道路」形式にしなければならない。
ここが混同の始まりで、「フリーウェイ」=「高速道路」とは言えても、「フリーウェイ」=「料金無料の高速道路」とは言えないのである。
特に東海岸、マサチューセッツ州や、ニューヨーク州、ニュージャージー州等ではめったやたらと金を取られる「高速道路」が多い。
もちろん「無料の高速道路」も縦横無尽とまでは言わないまでもたくさんある。
従って、東海岸では「フリーウェイ」という言葉はほとんど使わない。
では、どう表現するかというと「インターステート95号線」=I-95(アイ・95) とか道路番号で表現することが多い。
そのほか New York スルーウェイ(I-87、I-90)等、「マスパイク」(I-90)マサチューセッツ州、New Jerseyターンパイク(I-95)、 Pennsylvaniaターンパイク(I-76)などと固有名詞で呼ぶ。
ちなみにパイクと言っても魚の「パイク」のことではなく、ターンパイクの略でパイクと呼ぶ。
ターンパイクとは料金所の「通せんぼ横棒」のことを言う。
料金を払うまで通さないための横棒がパイクである。

ニューヨーク市内(マンハッタンを除く)にはまだ「通せんぼ横棒」を使っている料金所がある。ニューヨークの人間はタチが悪い(性悪)から 横棒を付けておかないと料金を払わずに行ってしまう人間が多い為であろう。
ニュージャージー州内では何十年も前から通せんぼ横棒は使っていない。
西海岸のフリーウェイはフリーウェイ上に「サービスエリア」が設置されていない場合が多い。
長いドライブの休憩や燃料補給の場合は一旦高速道路を降りて最寄りの町で用を足す必要がある。

料金所は一度に二台は通れません。
何でも有り、滅茶苦茶なのがニューヨーク!
しかし、東海岸の「有料の高速道路」の場合は 日本の高速道路と同様に高速道路上にサービスエリアがあるので用足しにいちいち高速道路を降りて町まで行く必要はない。
金を取られる高速道路にはサービスエリアが設置されており、無料の高速道路にはサービスエリアが無いと思って良い。

Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com






Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo