ホモ、レズは神への冒涜か?

管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング





石原都知事、アホな記者の質問にブチ切れ



ナイトドライブNYC



DVDニューヨーク

アマゾンで購入

見本はこちら


YouTube /群馬産



 


政治、経済、文化、何でも言いたい放題
ホモ、レズがはびこると人類は滅亡する

私は政治の専門家でもないし、評論家でもありません。平均的な思想、心情の持ち主であると思っています。



6月11日フロリダ州オーランドでナイトクラブにアラブ系の若い男が押し入り銃を乱射し今日(12日)現在50人が死亡、53人が重軽傷を追うという とんでもない事件が起こった。
アメリカ史上で最悪の単独犯による一瞬の殺人事件であるとメディア、マスコミは混乱しているように見える。
まず、いかなる理由が有るにせよ殺人行為は許されるものではないということを言っておかなければならない。
商売柄空港の到着ロビーで世界各国からニューヨークに来る人を見る機会が多い。人種や性別、肌の色の違い、民族衣装をそのまま纏って到着ロビーに出てくる人、 実に色々な人々がこの地球上に生きていると実感する。
共感を覚えることもあれば, ある種「あれはちょっとね」と思うこともある。
たまたまか、偶然か6月10日に夕方に到着するJAL004便のお客様を待っていた。
そのJAL便が到着する少し前ヒッピー風(ちょっと古めかしい言葉だが)、つまり、普通のシャツとか洋服とかを着ていない人、まあ、ひと目で区別は着くが・・・。
しかし、色々な服装の人が到着ロビーに出てくるのでその人々全部を見ている訳ではない。 ちらっと見て「ふう~ん」と思って1-2秒で見るのを止めて次の人を 見る。 つまり、お客さんを見つけることも必要なのである。 また、美人が出てきたりすると頭のてっぺんから足の先まで見て「へえ~。ああいう人も居るんだ?」 と頷きながら到着ロビーから外にでるまで視線をそらさせない人もいる。
で、ヒッピー風の若者(20代半ばと見た)が出てきたので「あれはいわゆるヒッピールックだな」と考えながら数秒後を追った。
JALが使っている第一ターミナルの到着ロビーは極端に狭く、一番奥の乗り継ぎカウンターからビルの出口まではおよそ17-18mしかない。
半分以上は到着客しか通れない部分なので出迎えの人で一番奥に陣取って待っている人でもビルの出口から10-12mくらいの距離である。
私は逆に出口に近い部分で待つことが多いので自分の居るところから出口まではわずか3-4mの距離しかない。 その距離を歩くのに要する時間は 多分4-5秒ほどであろう。
さて、先のヒッピー君が目の前を通って出口に行くまでに3秒ほどの時間なので別にジロジロと見る時間とも言えない。 しかし、そのヒッピー君は出口に出ないで 左の方に歩をすすめた。 そこには同じくらいの年齢の若者が待っていた。
「友達の青年が出迎えか・・・?」と思ったのもつかの間、お互いに抱擁を始めた。
抱擁をするのは別に珍しくない。 どういう理由かは分からないが抱擁をした場合相手の背中に回した腕の手のひらで相手の背中をさする仕草をする人と パンパンと相手の背中を叩く二種類に大別される。 恋人同士などではしっかり抱きしめる場合はさすったり、叩いたりせず、文字どおりぎゅっと抱きしめたまま 手は動かさないことが多いが、普通の家族、友人、友達関係の場合は相手の背中に回した手でさすったり、パンパンと叩くのが多い。


かの、ヒッピー君も久々の再会でグッと抱きしめて相手の背中を叩くかさするかと思ったが、なんとキスが始まったのである。 正直そのような行為を書くのも 自分としては気分が悪くなるのを覚えるが書かないと話にならないので書くが、「あ~あ、ホモか」。
ひと目をはらからず到着ロビーの出口のそばでいつ終わるかと分からないキスを続けている。 次々に出ている到着客の内、女性客などはそれを見てニヤニヤしている。 珍しいのであろう。 顔をしかめる人もいる。平常心を装う人もいる。
で、その夜の夜半にフロリダ州で同性愛者が集まるナイトクラブで100人もの死傷者が出る大事件が起こったのであった。


JFK空港のホモ達とは何の縁もゆかりも無いかも知れないが、もしもそのナイトクラブでの集まりが何か特殊な会ということであったならあの2人が飛行機に乗って フロリダに行き、そのクラブに行ける時間は十分有ったと思える。 そうではないと思うが・・・

ここ合衆国でも同性愛者の結婚が当たり前の如く認められることが多くなっているので別に男同士、女同士がキスをしようが何をしようが別に驚くことはなくなったが それでも道端や公共の広場でディープキスを平気でする人間を見ることはさほど多くない。
空港で到着客を見る私でもそのような光景は一月に一回見るかそれ以下の頻度である。
従って、かのヒッピー君達とフロリダ州の銃乱射事件が何か近いものに感じられたのでこの記事を書くことにした。

さて、ここで問題とするのはフロリダの殺人事件のことではなく、ホモやレズがはびこれば人類が滅亡する憂き目に直面するということである。
まあ、極論であることを断っておくが、ホモ同士やレズ同士で子供が生まれるはずがない。 「俺達だけは、あたしたちだけは」と皆が考えてホモやレズに 走れば人口が減少することになる。
男と女、雄と雌は神が創ったものであり、そのおかげで今の人類のみならず動植物が生き長らえてきたことを忘れてはいけない。
少子化問題で悩む日本国などは自然に任せることなく法律でホモ、レズを禁止することを早急に考える必要があると考える。
私の記憶に間違いがなければ、確か東京の世田谷区などはホモ、レズ同士の婚姻届を受理するとか何とか聞いた覚えがあるが、とんでもない話である。 そうでなくても人口減少の危機感に直面している日本に有りながらホモ、レズを容認するようなお役所の対応には一言も、二言も言いたい、「子、孫の世代のことを 考えて行政をしているのか?」と。
「今が良ければ、後のことは知らん」的な無責任な行政は即刻止めるべきである。
ついでに言うが国の骨格をなす人口を減らさないためには『夫婦子供2人』家庭は最低限の「国民の義務」と考えるべきである。
欲を言えば一夫婦子供3人が理想であるが、昨今の経済状況、及び政府の対応の不備、怠慢も有り子供三人を育て上げるのは大変である。
しかし、最低限国民1人が子供1人を育てるのは国民の義務と考えるべきである。
結婚しない男、女、それは自由だがそれでも『子育ての義務』は履行するべきである。 つまり、結婚しない人は「里子」「里親」として子供を1人育て上げる ように法整備をする必要がある。 自分で育てられない人はオギャーと生まれた赤ん坊が大学を卒業するまでに掛かる経費、1000万円か2000万円かはたまた それ以上か分からないが、その費用を負担することにする。 自分で育てられないのであれば他人(施設とか個人とか)にそれを依頼しその経費を負担するのが 当たり前という法整備をする必要がある。 費用は「子育て税」として給料から天引きする。

これは消費税が8%から10%に上がるなんて生易しいものではない。 それくらいの覚悟がないと孫やひ孫の時代に国の存続が危ういという意識を国民皆がもつべきである。
日本政府の怠慢も有るが、欧州先進国の消費税は軒並み15%かそれ以上であることを国民にもっと周知するさせなければならない。
自己責任のアメリカ合衆国でさえ州により多少の違いは有るが、例えばニューヨーク州では30年以上も前から消費税は8.5%取っている。それで州民のために 何をしてきたか? 大したことはしていない。 健康保険でさえ自己責任で国は一銭も補助をしていない。 そのような国のレベル、つまり「健康保険は無し、保険は民間会社から自分で買う」という人々は消費税8%据え置きで後は自己責任で生きてもらう。 この場合アメリカであれば家族4人で医療保険を民間会社から買えば1年でおよそ100万円の出費となる。 日本政府がやっている現在の医療保険制度を否定するひとは100万円で自分で医療保険を買えば良いのである。

「それは困る。負担増になる」という人は『消費税を20%払う』という選択をするのが良い。 消費税を20%払って現在の医療保険制度を続けるか、消費税は8%で 医療保険は民間会社との契約にするのか、選ばせれば良いのである。
「どっちも嫌」などという人間はこの際徹底的に再教育をするべきと考える。 その過程でどちらかを選択させるのが良い。
兎に角、「平和ボケの日本国民」はよその国の人々がどのくらいの負担をしているかを全く知らないのが問題なのである。その問題は政府の無策、広報不足がその 根底に有ることを忘れてはならないのである。

(2016年6月12日 記)

Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com

Created by Kannagawa.com
Creative DVD Yoraku Hitorigoto Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo