アベノミクス安部総理大臣

管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング






石原都知事、アホな記者
の質問にブチ切れ


DVDニューヨーク

アマゾンで購入

見本はこちら


YouTube /群馬産







政治、経済、文化、何でも言いたい放題

安部総理
アベノミクスで経済再生

アメリカ、ダウ平均株価が$15000の市場最高値を更新した。
別に好景気という実感もないし、先行き特にこれといった好材料もないのに何故株価が上がるか?
理由は簡単ウォールストリートの連中が又ぞろマネーゲームを始めたからであろう。 

ウォールストリートで働こうが、どこかの工場で働こうが、労働者は生活のために金を稼がなければならない。
工場勤務者は業種にもよるが押しなべて毎月決まった賃金が手に入る。それは好不況に限らず人々は生活をしなければならないので 自動車もしかり、食品関連もしかり、衣料品もしかり、生活必需品を必要とするのでそれらの製品を製造する企業は比較的安定的に 製品を生産することができる。

しかしながら、ウォールストリートのマネーゲームは生活必需品とはまったく次元の違う世界の話である。
ウォールストリートで働く人間達も生活費を稼がなければならないのである。
その稼ぎとは日常生活において生活必需品とは程遠い、極論を言えば無くても何等困ることのない「金融市場」というマーケットから 金を稼ぎ出さなければならないのである。「無いものを売る」「必要でないものを売る」「無い需要を作り出す」のが金融市場なのである。
ウォールストリートと言えば代表的なのが株取引の証券取引所であるが、それ以外にも先物取引やデリバティブを始めとする金(かね)で金を買う 相場取引や単なるマネーゲームの賭場(?)となるところである。
普通のギャンブルよりも性質(たち)が悪い場合が多い。
普通のギャンブルであれば切った張ったの度胸試しか運試しがその基本となるが、ウォールストリートのマネーゲームとなると「時のムード」 というか「流言飛語」によって勝負が左右されることが大いにある点である。
簡単に言えば「嘘八百」を元に株価を吊り上げることもできるのである。その嘘八百を考えるのがウォールストリートの連中である。

株取引も必要ないとは言わないが、日常生活における必需品ではない。言わば脇役なのであるが、それをこねくり廻して主役にしてしまう のがウォールストリートの連中の仕事である。
投資とか資産運用などと言うと聞こえは良いが早い話が「金儲け」であり、それも額に汗しない金儲けのことである。濡れ手に泡に近い 金儲けともいえる。
別にそれが悪いとは言わない。が、ウォールストリートの連中は口先八丁で金に目がくらむ投資家(金持ち)の欲をあおって金を出させ 株価を吊り上げ手数料をがっぽり稼ぐのが商売である。
5-7年周期で来る倦怠期(不景気)になると株価下落で投資家は大損をしてもウォールストリートの連中はそれまでに取った手数料は 一切返却の責任もない。

AIG(American Internationa Group)という会社があるが、リーマンブラザーズ社の破綻で影響を受けAIGも破綻しかけた。破綻すると 4000億ドル(40兆円:2013年5月のレートの場合)の被害が顧客や市場関係に出ることが分かったため米政府は850億ドル(8兆円)の 公的資金注入を決めた。
こういう状況でありながら、2008年10月7日、米下院で開かれた公聴会の席上で、AIGグループの保険子会社であるAIGアメリカン・ゼネラル社 の幹部が、公的資金の投入による救済が決定した一週間後の9月22日から30日にかけてカリフォルニア州南部オレンジ郡の高級リゾート地に 関係者を集め、総額44万ドル(約4500万円)の「会合」を繰り広げていたことが判明し、米下院のイライジャ・カニングス議員は 「米国民が救済資金を出すのを横目に、マッサージを受け、マニキュアを塗っていたのか」と批判した。
この件に関してはホワイトハウス広報官も「卑しむべき行為」と異例のコメントを行う事態となった。

それに輪を掛けて、2009年3月、AIGが幹部社員に対して総計1億6500万ドル(約162億円)にもわたるボーナスを支給すると報じられた。
ニューヨーク・タイムズ紙によると、ボーナスを支給される幹部は400人で、3月13日に支払われたボーナスは、400人に対し1億6500万ドル (約160億円、一人4000万円平均)であった。
ニューヨーク州のクオモ司法長官が17日に公表した結果によると、計73人が各100万ドル(約9800万円)超を支給され、そのうち11人はすでに 退社しているという。
支給額200万ドル超(2億円超)が22人おり、最高額は640万ドル(6億4000万円)であった。
公的資金が注入されなければ即破綻の会社がこのような馬鹿げた金を平気で使っているのがアメリカという社会であり、ウォーウストリート に端を発しているのである。
オバマアメリカ大統領は「あらゆる手段を駆使してこれを阻止する」と宣言しており、アメリカ議会にて、 国税である所得税においてボーナスの90%(地方税は10%相当であるから事実上は100%)を課税する法案が下院で可決され、上院で審議されている。
また上院のグラスリー議員は「日本の経営者にならって、頭を下げ謝罪して辞任するか、もしくは自殺するかを選んで欲しい。 そうすれば私の気持ちは少しは晴れる」という発言を行い物議をかもした。全くの本音であり、彼の言っていることが正義である。
一方、AIG側は「ボーナス支給は危機前の契約で決定されたもので、支払わないと法的責任が生じる」と弁明したが、 社員の一部には「賞与返還要求は脅迫も同じ。脅迫に応じる道義的責任はない。」と居直った。

このように金融業界は全く庶民感覚を失い、「取れるだけの金を取る」という吸血鬼のようであり、生き馬の目を抜くような経営をしているの である。マネーゲームの最悪のシナリオを平気でやっているのである。恥とか外聞などは全く気にしない「金の亡者」が集まるところが ウォールストリートなのである。国民の血税がそれら会社幹部のボーナスとなって消えていくのである。
この時に当時の社長は80億円の年収(役員報酬)を取っていたことでも批判を浴びた。

2008年のリーマンブラザーズ以来なりを潜めていたいたウォール街のギャンブラーもそろそろ金欠になりつつあるので、 「次なる金儲け」を画策し始めたためにダウ平均株価が15000ドルという史上最高値を更新している。 言うまでもなくその裏にはいつになるか分からないが大損をして破産する会社や個人が続出することになる。
まあ、この先5年くらいは大丈夫であろう。

アベノミクスで20年続いていたデフレ経済からやっと脱出できる兆しが見え始めた。
極端なインフレは困るがデフレはもっと困る。丁度風船がしぼんでいき最後にはなくなってしまうのと似ているからである。
かといって極度のインフレは過去に経験したようにいつかはその風船が破裂して一気にゼロに近くまでしぼんでしまうことも意味する。
2%のインフレターゲット等はまだかわいい方で4-5%を目標にしても良いと思える。それくらい成長してもらいたいものである。
円高、円安、功罪はあるが、輸出立国の日本としては円安のほうが経済は活性化する。
1ドル101円くらいで一喜一憂していてはダメで1ドルが110円くらいになったら次の策を考えるくらいで良いと思う。
日経平均株価は今年度末に18000円を楽にクリアーし、来年前半には20000円の大台を超えて安定成長に向かうだろう。
日経平均株価が「3万8000円?」
無理でしょうね。でも、多分25年後にはそのくらいになるでしょう。孫の代となりますね。
(2013年5月11日)

Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com


Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo