アベノミクス経済安部総理大臣

管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング



 


石原都知事、アホな記者の質問にブチ切れ



ナイトドライブNYC




YouTube

DVDニューヨーク

アマゾンで購入

見本はこちら


YouTube /群馬産





政治、経済、文化、何でも言いたい放題

アメリカ経済
株価は上がれど不景気

2001年の同時多発テロの影響を受けてアメリカ経済(特に航空産業界)が急激に下降線を辿った。
2006年頃にやっと底を打ち、回復基調に向かい始めた。
その矢先とは言わないが2008年にリーマンブラザーズや住宅ローン会社の破産が景気の足を引っ張り不景気になり始めた。

それから5年が過ぎた2013年、ダウ平均株価が15000ドルを超えて、史上最高値となった。
しかし、株価が史上最高値を更新したとは言っても過去(30年)のどの時期よりも景気が良いとは全く思わない。
市民生活は数年前と全く変わらない。
日本のアベノミクスの「三本の矢」どころか一本の矢すら無く、特に目立った好景気の話も無い。
又、ウォールストリートがマネーゲームを始めたのであろう。マネーゲーム自体はずっとやっているだろうが投資家という 「銭の亡者」が金を出し始めたというか、「喉もと過ぎて熱さを忘れた」人々がウォールストリートの口車に乗せられて 金を出し始めたということであろう。

日本のアベノミクスも丁度タイミング良くウォールストリートのマネーゲームとタイミングが合ったために日経平均株価も 15000円を超えた(5月)。
日本の場合は金融緩和を「超緩和にする」という阿部政権の指導のもと日銀がそれに歩調を合わせたため「好景気期待感」が 高まり株価を押し上げている。
それを円安が下支えをしているともいえる。

中国にGDP世界第二位のポストを明け渡したとはいえ、日本経済の世界経済に占めるその重要性は中国経済の比ではない。
中国経済はどちらかというと日欧の「下請け」(工業製品製造基地)として仕事をもらって金を稼いでいるに過ぎない。
「親亀がこければ小亀もこける」の例えのとおり日本経済がこければ中国経済がこけるのは言うまでも無い。 そのため日本経済の立ち直りが重要であることは欧米諸国もわかっているのでG8でもG20でも日本の円安に批判はでない。
「とにかく世界の経済の牽引車として日本経済に立ち直って貰わなければ」というのがアメリカ、EUの本音である。
中国や韓国が為替を元安、ウォン安に誘導するのと話は全く違うのである。
まだまだ、中国や韓国経済が世界経済に与える影響は知れている。アメリカ、日本、EU、その後の話であるから。

アメリカの株価が上がった、失業率が何パーセント下がったというだけでそれに敏感に反応して日本の株価や円相場が変化する のはどうも頂けない。実態に即しておらず、過剰反応が大きいのである。
アメリカの株高は全くの「株価バブル」であり実態経済はそれに連動していないからである。
ウォールストリートの株価操作とも言える強烈な投資家へのマジック(実態経済に寄らない株価で更に株価上昇をあおるやり方)で 株価が上がっていると思える。

バブルであればやばいが、そのバブルに実態経済が引きずられてでも良いが、追いつくとは言わないまでも、後追いができている 間はバブルがはじけることは無いだろう。
町を歩けば住宅のリフォームが多いのに驚く。


上の写真、左側の2枚は日本の住宅。新しいもの。
右の2枚が築1900年頃の100年も前の家がたくさんあるニューヨーク郊外である。
日本と違い、ニューヨーク周辺は天災がほとんど皆無、ハリケーンも来なければ(昨年のハリケーンは100年振りのものだった) 、大雨や、地滑り、地震もないので住宅の寿命は非常に長い。
それに作りが非常に簡単にできているので手入れが簡単にできる。外壁は全くの平面であるためペンキを塗るのも簡単である。
日本のように凝った作りの家はほとんどない。 家の作りの違いが良く分かる。ちなみに右側の上下とも築後100年の住宅で3LDKの住宅であるが、価格は50万ドルである。 マンハッタンから車で約40分前後の距離での話。

買う人間が居るとは思えないが、右の写真はマンハッタンから約1時間の郊外にある売家だが価格は80万ドルである。
家としては非常に小さいと言える。屋根裏部屋も有るが3LDKで、上の右2枚の写真の家と比べても似たり寄ったりである。 が、ひとつ違う点がある。 それはこの住宅が建っている街が高級住宅街の街という点である。
つまり、家は大したことがなくても「ロケーション」が良いのである。
 
ウォールストリートのマネーゲーム屋の動きを良く見て株価等が上がれば不動産屋の出番でもある。
1900年からずっと持ち家で持ち続けている人が上や右の家に住んでいるとは限らないが、50年前(多分3~5万ドル)に買おうが、 30年前(15~19万ドル)に買おうが含み益は相当出ているのでそれを担保にしてファイナンス(融資)を受けて改築、改装 をさせる商売である。もちろん、不動産屋にしてみれば売ってもらったほうがずっと儲かる(手数料は普通売値の5%)。
で、徐々に景気も上向き加減になれば良いのだが。
持ちつ持たれつというか景気にも仕掛け人がいることをお忘れなく。
気をつけなければならないのは「金の亡者」となってだまされないことと、ババを引かないことである。
今は景気が上向き始めたところなので(日米共に)「高値をつかまされる」という心配はないが、いつ売り抜けるかが 問題となる。
(2013年5月15日)

Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com


 
Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo