え!10億円?マジ?

管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング





石原都知事、アホな記者の質問にブチ切れ



ナイトドライブNYC



DVDニューヨーク

アマゾンで購入

見本はこちら


YouTube /群馬産



 


政治、経済、文化、何でも言いたい放題
泥棒に追い銭、10億円?

「え? マジかよ?」
ニュースを見た時は我が目を疑い、聞いたときは耳を疑った。
日韓慰安婦問題解決、日本が10億円を支払う。
というニュースを聞いたとき 「まさか?10億円とは?」とはと思った人は私だけではないだろう。
 

左:朴槿恵(63歳) 右:安倍晋三(61歳)



そもそも慰安婦の強制連行などは無いと言われている、証拠物件も無く、左巻き朝日新聞が捏造で仕掛けた 話というか、吉田なんとかという訳のわからん男の話を何の裏付けもなく信じたというか、これ幸いと思ったか、記事にしたのが事の発端。嘘とわかった時点で取り消しか修正すればよいものとそれをしなかったのが左巻・反日新聞社と言われる所以だが・・・。
それまで韓国の歴代大統領は事は日韓基本条約で解決済みとは理解していたが、反日朝日が記事にし、その後もしつこくそれを続けた ため韓国民がそれに便乗して騒ぎ出したので事が白日の元にさらされることになり韓国政府もそれを抑えきれなくなったという経過がある。
すべて、諸悪の根源反日朝日が引き起こした人災である。
「朝日新聞が捏造記事の責任を取って10億円払え!」と言いたい。
いずれ、裁判で反日朝日は糾弾されることになるだろうが・・・。
その時こそが、反日朝日の終りの始まりと言えるだろう。中国もそれに歩調を合わせるように終わりが始まるであろう。
日本国、日本国民を世界の笑いもの、というか鼻つまみにした張本人の朝日新聞は色々なネットメディアで言われているように 一日も早く消えて無くなるべきメディアである。
いまだ、朝日を購読している人がいれば余程の無知か左巻きの共産かぶれの人種であろう。
最近は共産党のほうが朝日よりはまだマシである行動が多い。  憲法解釈等では問題があるが、朝日ほど病的な反日はしないのが共産党だ。 最低なのは朝日新聞だ!!
資本家で朝日などを購読する物好きな人は皆無であると思いたい。
まあ、無料で見れるネット版なら参考程度に見ることはあっても金を払って購読するなど常識では考えられないと思いたい。
世捨て人ならこの限りではないが・・・。

今を生きる人が運命のめぐり合わせで資本家ではなく、搾取される側(余りブルジョアジーとかプロレタリアートという言葉は使いたく無いが) にあるとしても、いつか、或いは子、孫の世代では搾取される側から立ち直り、資本家とは言わないまでも、ゆとりの有る人生を送ってもらいたいと考える人は少なくないはずである。そのためにも子、孫には高等教育を受けさせたいと考えるに違いない。
すでに高等教育を受けている人は更に「上の上」を目指すのが日本人に限らず世界共通の向上心というものであろう。


慰安婦の像が一番初めに建てられたのは私の住むアメリカ、ニュージャージー州で我が家からは車で15分ほどの 距離にあるパリセードパークという町である。
言うまでもなく見に行くほどのもの好きではないのでどのような像が立っているかは分からない。(上の画像はWikipediaから)

さて、捏造記事新聞朝日が原因で50年も昔にケリのついていた慰安婦問題が鎌首をもたげて約20年間日韓でゴタゴタが続いて いたが、2015年12月28日にやっと日韓の間で「二度とこの問題を蒸し返さない」ことを条件に日本政府が10億円を出すことで 話がついた。
表面的には「なぜ?10億円なのだ?」言われなき中傷に10億円とは「泥棒に追い銭」ではないかと思ったのは事実だが、ニュースを 読み解いていくと、安倍総理としては「子、孫の代になっても『慰安婦問題』でゴチャゴチャ、ゴタゴタ言われたのでは今を生きる我々の 世代が負の遺産を子、孫の世代にツケを廻すことになってしまう。どこかで断ち切る必要がある」との決断から10億円を拠出する ということであればそれは一定の評価をするべきである。


左:安倍晋三(61歳) 右:習近平(62歳)

次は中国であるが、東シナ海も南シナ海も緊張感をもって主張するべきはビビることなく主張していくことが肝心である
下手に出ると相手はつけ込もうと虚勢を張るのでそれに臆することなく毅然とした態度、行動が求められる
100年、200年前と違い、現代では国の大小は国土の大小ではなく、経済力、政治力、国防力が基本となる
 

「もう、ガタガタ言わせない。聞く耳も持たない。これが最後のチャンスだ」
今までの日本の歴代政権が甘やしてきた、下手に出ていたから「言いたい放題」を言って来たが、もう「いい加減にしろ」とは 国対国でなくとも、一般家庭内の出来の悪い子供相手でも全く同じことである。

これで又ガタガタ行って来たら「もう韓国のことなど知らん!」という段階である。
政治でも経済でも困るのは韓国側であり、日本が韓国から失うものは何もないのである。
今までも総理大臣は何人もいたが、残念なことに「腰砕け」人間ばかりで「自分の任期をなんとか乗り越えれば(わずか数年の任期が普通 だった)」と考える人ばかりであったため安倍総理ほど「英断」のできる人物がいなかったのである。

国力も経済力も比較にならない二国間で今までこの問題が解決しなかったのは何といっても日本が下手に出ていたからである。
韓国側もそれは充分理解している。
ただ、相手が下手に出ればそれにつけ込むのは朝鮮半島や中国の文化なので勘違いをしてはならないのである。
人間社会に限らず、動物の世界でもそれは同じで、子犬はワンワン、キャンキャン煩いが大型犬はいちいちそれを気にしていない のである。が、しかし大型犬が一旦怒ったら子犬は尻尾を巻いて逃げるしか生きる道がないのは、教えられなくても知っているし、 本能がそうさせるのである。

とにかく、韓国、中国を相手にした場合は日本の常識ではなく世界常識で対処しないと相手側に誤解を与えることになる。 昔の戦国時代を思い起こそう、下手に適正相手に向かって頭を下げると首を落とされかねない。
空手道で試合前の礼の時でも頭は下げても目は相手を見続ける、いつ相手がルールを無視してかかって来ても充分対処できる 体勢、姿勢は維持し続けなければならない。
つまり油断大敵ということである。

慰安婦問題がこれで一件落着したとは言えども、日韓の間には竹島問題が残っており、次の課題として日中間には気を許してはならない 尖閣諸島問題も有るのが現実である。
(2016年1月1日記)

Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com


Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo