CNN Larry King

管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング



石原都知事、アホな記者の質問にブチ切れ



ナイトドライブNYC




YouTube

DVDニューヨーク

アマゾンで購入


見本はこちら

オールナイトNYC


見本はこちら

一覧表を見る









 


リムジンのお客さん
ご存知 ラリー・キング

現在はいろいろな仕事をしている。
リムジンサービスはそのうちのひとつでもある。
場所はニュージャージー州、テタボロー空港(英語ではティタボローと発音)。バーゲン郡にある空港である。
我が家からは直線で約5km、車で10分以内で行ける場所である。この空港にはSONYもターミナルを持っている。
ニューヨークのマンハッタンに一番近い空港でもある。

CNNラリー・キング

滑走路は2100mと1800mの二本。
このことからも分かるようにジャンボ機が離発着するのは無理である。つまり、ビジネス・ジェットの空港である。もちろんプロペラ機も離発着可能で ある。
マンハッタンに一番近い空港で、交通渋滞さえなければ10分でマンハッタンに行ける。そのため忙しい空港でもある。 金持ちの自家用機の離陸・ 着陸が絶え間なく続く。
1年半前の昨年の1月にLaGuardia空港を離陸したUSエアーのエアバスがバードストライク(鳥がエンジンに当たること)で双発の
エンジンが両方共停まってしまう事故があったが、ラガーディア空港の管制塔もUSエアーの機長も緊急着陸をするならテタボロー空港が一番近いと判断したが 結局「いくら近くてもそこまで飛べない」という機長の判断でテタボローを諦めてハドソン川に着水してしまった。

さて、仕事のオーダーが来た。名前を見ると Larry King と書いてある。場所はTeterboro空港、行先はマンハッタンのRegency Hotel。
今までのケースでは有名人であってもほとんど名前を知らないことが多かったが、さすがにこの名前は知っていた。人数は2名と書いてある。 多分本人と誰か付き人と一緒だろうと思っても不思議は無い。
Signature航空に行ってセキュリティーに内容を告げたところ「そのような飛行機が到着する予定は無い」と言われる。
「そんなバカな。じゃあどうすりゃいいんだ?」
セキュリティーが「とりあえず中に入って、中の者に聞いてくれ」と言い出した。
「そんなセキュリティーでいいのかよ?」とは独り言。 まるでセキュリティーになっていない。
ターミナルの中に入って「こういうのが来るが、それを迎えに来た」と内容を相手に見せると、「来る予定はあるがまだ時間が分からない」との弁。
自家用機が遅れるのは良くあることである。遅れるというよりも自家用機だから決まった時刻表などないのでいつでも好きなときに飛んでくるので 到着時間はあまり当てにならないのはいうまでもない。
「じゃあ、外で適当に待っているから・・・」と係員に告げて車に戻る。
 

 
こういうときは車で本を読むことにしている。
本を読んでいるとキャデラックのエスカレードを運転してきた中年男が私のところへ来て「ラリーの送迎だろう?」 というので「そうだ!」と言うと、 「俺は何々だ」と自己紹介をしたのでこちらも名乗る。 相手の名前は1分後には忘れた。
聞けば、その男が「8人来るから自分の車だけではきついので1台頼んだんだ」
という話だった。
依頼主はその男だったのだ。
相手:「俺はラリー(キング)の仕事をもう20年もやっている」
とのことだった。17歳のときから30年以上リムジン稼業をやっていると言っていた。さすがに年期が入っている。
相手:「フランク・シナトラ(歌手)、エリザベス・テーラー(女優)、アル・パチーノ(俳優)等などいろいろとやってるよ。 明日はジミー・カーター(元大統領)の予定が入っている。」
私:「へえ~!? どうやってそういうお客を取ったんだ?」
相手:「お客さんがお客さんを紹介してくれるんだよ」(つまり、口コミってやつ)
私:「へえ~。そうなの? ところでラリーは幾らくらい持っているんだろう?」
相手:「300ミリオン・ドラー(300億円)くらいじゃない」
私:「しゃべっているだけでそれだけ貯めたわけ?」
相手:「だろうね?」

相手:「ところでラリーは俺の車に乗るから、余った人間を1-2人頼むね!」
そういうことか・・・。
としゃべっているうちに飛行機が着いた。
ラリー・キングと仲間(取り巻き?)が8人でターミナルから出てきた。
さっきの男が私に尋ねる「名前何だっけ?」
相手の名前をすぐ忘れるのは私だけではないようだ。
私:「フランク」というと
相手:「ラリー こちらはフランク」と紹介してくれた。
ラリーと握手をして「Nice to meet you」(こういうときの決まり文句)

ラリー:「俺はこっちの車(エスカレード)に乗るからあんたは Young Girl を乗せてって…。今出てくるから」
私:「イエス、サー」 
なんて言わなければ良いものを言ってしまうのが癖。
言われた相手だっていつも言われ慣れしているから嬉しくも何ともないのである。
こういうときは「イエス、アイ・ウィル」(はい、そうしましょう)で充分なのだが…
相手に印象付けるなら「Yah」(うん)でも良いのだが、それでは教養の程度を疑われる。

私:『Young Girl? Very welcome よ!』(若い娘、大歓迎よ!)と独り言。
「Young Lady」というと普通は20-30半ば、「Young Girl」 と言うくらいだから18~25歳くらいだと勝手に思う。
しばらくして女性が出て来た。
私:「え?この人?Young Girl?」とまたまた独り言。
出てきたのは60歳をとうに廻ったと思える「超昔のYoung Girl」であった。
「これだもんな!ラリーも冗談がキツイよ!」とは私の独り言。
そのヤングガール(?)とヤングボーイが一緒で、二人はずっと仕事の話をしていたので私の得意(?)の話術の出る幕が無かったのは残念。 どうせ相手はリモの運転手は中国人か韓国人、そうでなければベトナム人くらいに思っている。誰も日本人がリモの運転なんかしていると 思っていないので率先して「日本人だぞ~!」と言うようにしているのだが…。

※テレビに出るときは誰でもメイクをして「最高の状態」に化けて顔のシワなどは上塗りで見えないようにしているので 普通は若くハンサム、美しく(女性なら)見える。 が、素顔のラリーは「すげえオジイサン」と思える顔だちである。 (ラリーさんご免。でも、本当の話) このページの写真は10年以上前の写真と思える。(それとも相当「塗っている」(?)せいかな?)
(以下、Wikipediaから抜粋)
ベラルーシのユダヤ人移民の二世としてニューヨーク州ブルックリンに生まれる。
22歳の時にラジオ局の働き口を求めてフロリダ州へ移り、マイアミの小さなラジオ局WAHRに就職。 雑用係として雇われたのだがアナウンサー欠員のため1957年5月1日に初めて番組のディスクジョッキーを務めた。
その後、ゼネラル・マネジャーから本名:Lawrence Harvey Zeiger が覚え難いと指摘されてラリー・キングに改名し、ニュース専門AMラジオ局WIODで マイアミ・ビーチのレストランを舞台にしたインタビュー番組を開始。
来店客などにインタビューしていたが、番組開始から2日後、コンサートを終えてレストランに来店した当時の アイドルスター ボビー・ダーリン(Bobby Darin)へのインタビューが初のセレブリティインタビューとなる。
金融取引に関係した不祥事で1971年12月20日に逮捕され、3年間放送の世界から遠ざかっている。
この間、ルイジアナ州のレース場でPRディレクターを務めたり、「Esquire」誌にスポーツ記事を書く等の仕事をしている。
その後、WIODに再雇用されてラジオ界に復帰し、1978年全米ネットの夜のトークショー番組を担当する事により全米規模で知られる 存在になった。
Larry King
ラリーと現在の奥さん(7人目)Shawn King (歌手)

Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com




Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo