外国からの引越荷物

管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング



石原都知事、アホな記者の質問にブチ切れ



ナイトドライブNYC




YouTube



 
外国暮らし、企業駐在員・・・

●外国に住むには引越は付きもの

最近の若者は外国の子会社への出向(いわゆる駐在員として赴任)を嫌っているそうであるとのニュースを良く聞くが勿体無い話である。
一度しかない人生にとって1週間や2週間の海外旅行では味わえない経験をみすみす逃しているのである。
本社を離れると出世が遅くなるとか、同期の者に遅れをとるとか、が、その理由らしいが今や30-40年前の終身雇用制など無いに 等しいのでいくら本社にいて頑張っても将来を保証してもらえる等という夢

は決し見ないほうが良い。
会社だっていつ倒産するか、倒産はしないまでもいつM&Aで買収されて余剰人員で整理の対象になるか分かったものではない。

それならいっそのこと外国駐在でもなんでも進んで行き、一度しかない人生を充分楽しむことをお勧めする。
言うまでもなく、外国というとまず「英語」を話せるかどうかが一番先に自分自身のこととして心配になる。ほとんどの人は「英語が話せないから」ということを理由の一つとして外国勤務を断るケースが多いがそれは全くミステークである。
江戸末期、幕末、明治初頭にたくさんの人々が外国に出かけ先進国の文化や工業や政治を学んで帰りその後の日本の礎を築いていったことは学校で誰もが学んだことである。江戸末期に「英語熟」が有っただろうか、寺子屋にアメリカ人の先生がいただろうか?
もしも、「英語が得意でない」程度のことで外国暮らし、勤務をやりたくない人がいたらその考えはすぐに捨てるべきである。半年か1年住んでいれば誰でも英語なんかはすぐに習得できるほどの言葉、言語である。悩む必要は全く無いと言って良い。

強いて言えば、「どこの国」に行くことになるかがかなりの問題というか課題であろう。
先進国、開発途上国、後進国、それぞれ特徴がある。
先進国、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、シンガポール等には誰でも行きたがるが生活費は会社のアロワンス(手当て)以上に必要となるケースが多い。世間体(?)は良いが金が残らないのが先進国への駐在。
開発途上国、マレーシア、タイ、他の東南アジア、南米、それに中国。中国は北京、上海等の都市部を除くとまだまだ開発途上国と後進国と言われている。
後進国、代表例がインド。まだまだ後進国に分類される国である。
さて、世間体がさほど良くない開発途上国と後進国の場合は手当てだけで充分生活が成り立ち、家庭では運転手やお手伝いさんを雇ってもまだ金が余るのもこれらの国々での生活である。
先進国ではまったく日本と同様にすべて自分で運転し通勤をする。お手伝いさんを雇うなど想定外である。でも、金が残らないのが先進国の生活。
さあ、どちらを選ぶか?かが問題である。
後進国の場合は通常のこととして治安の問題が常に付きまとう。安全に問題がある。が、充分気をつけていればほとんどの場合危険な目に遭うことは避けられる。

外国で生活するにはまず引越をしなければならない。
現地子会社等に出向する場合は引越費用はほとんどの場合会社が面倒をみてくれる。 各社共に会社規定というものがあって船便の場合は引越荷物を何立方メートルまで、航空便の場合は何キログラムまで会社負担ということになっているのでその範囲を超えないように引越会社と相談することになる。
大手の引越会社は単価が高いので持っていける荷物量が同じ場合は引越費用が高くなり、中小の専門業者の場合は単価がどちらかというと安いので引越費用が同じ場合は持って行ける荷物量が増えることになる。
A社:1立方メートル 5万円という場合、10立方メートルで50万円。
B社:1立方メートル 4万円という場合、10立方メートルで40万円。 12立方メートルで48万円。

普通の会社の規定は金額ではなく容積で決めている場合が多いのでA社もB社も10立方メートルの見積もりを50万円として出すが、B社の営業と話をすれば「うちの場合は見積もりは10立方メートルだが、実際は12立方メートル持って行ってOKです」ということも可能となる。
2立方メートルの差は大きい。50cm真四角のダンボール箱なら16箱も余計に持っていける計算になる。 日本の一般家庭の台所の鍋釜や食器戸棚の瀬戸物食器、グラス、洋食器を全部梱包しても2立方メートルにはならない。
他の荷物が全部どうしても持って行かなければならない物である場合、A社は「食器、台所用品はもう規定オーバーで持っていけません」と言われるところB社では「問題なし。全部持って行ってください」となるのである。
あなたならどちらの会社を選びますか?


典型的な引越会社のトレーラー
長さ:17m、積載量:3200cft(Cubic Feet) 90立方米、普通は家財一切合財と乗用車を2台積む
六畳間に天井までいっぱいに積み上げた量の6.5部屋分を一度に積める

しかし、只安ければそれで良いというほど単純なものではないのが海外引越である。
では、何に注意をするべきか・・・?できれば以下のことは検討に値する。
①外国に直営の支店があるかどうか?
②直営店でなく代理店の場合は日本人従業員がいるかどうか?

今ではアフリカの砂漠行きかアマゾンの密林地帯でもない限り上の①ないしは②はどの引越会社も「イエス」という回答をすると思う。
その場合はまず「一安心」ということで引越はA社でもB社でもサービスの良いほうを選ぶのが得である。

しかしながら、大手も、中小も「ノー」の返事しか返ってこなかったらどうしましょう?
交渉次第で「近隣の国から日本人が出張で手当てします」という会社も有れば「日本から出張者を出します」ということもあります。
例えば、前述の例でB社で荷物を実際に10立方メートルしか持って行かない場合は40万円で済むことになりますが、大手と同じ見積もりを出して50万円の予算を計上しておけば10万円が浮くことになります。それを出張経費に振り向けて対処することになります。
10万円で行ける国となると日本近辺に限られて来ますが、海外引越の費用は100万円とか150万円とかという金額になる見積もりもあります。 それは会社規定が余裕があり荷物をたくさん持って行って良いという場合ですが、そのような場合に引越予算の2割、3割を「外国出張に振り向ける」工夫をすればアフリカ赴任でも南米赴任でも「うちは荷物配達時に日本人が近隣国から出張して立会います」という会社が出てきます。

『ものは相談』と言います。何でも相談してみることをお勧めします。

現地での配達は言葉も余り必要とせず、作業自体も簡単に済みます。
が、現地から帰国する場合は梱包の仕方や取り扱いが配達の場合に比べて難しくなるので日本人作業員の重要性というか必要性がより増します。

Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com




Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo