自然災害の少ないニューヨーク天気、気象

管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング




石原都知事、アホな記者の質問にブチ切れ



ナイトドライブNYC




YouTube


オールナイトNYC

見本はこちら

一覧表を見る




 

自然災害の少ないニューヨーク
90年ぶりのハリケーン?


 
ニューヨークは緯度の高い北に位置するのでハリケーンが直撃する ことはほとんどないが、今から73年前の1938年にハリケーンの直撃を食らったことがある。
特にロングアイランドを中心に大変な被害を受けた。8900の家が破壊され、63000人が家を失い、人的被害は死者が700人に達した大災害であった。

青森県と同じくらいの緯度にあるためほとんどのハリケーンは南部のフロリダ、南・北カロライナ各州に上陸したあとは すぐに消滅するのが普通である。コースを外れたハリケーンはニューヨークの東海上を北進することはあるが直撃を 受けることは極めて稀である。
中西部諸州で毎年発生するトーネード(竜巻)はここでは全く縁がない。
地震も有感地震は10年に一回あるかどうか。それも震度は1か2程度で下水道のネズミさえ逃げない微々たる地震だ。
北に位置するために強いて挙げれば雪が最大の自然災害であろう。しかし、死者が出るほどの極端な雪は積もらない。

2011年秋、9月、カテゴリー3(中型で強い)ハリケーンがニューヨーク市を直撃するというので市当局は色めき立った。 73年前のトラウマがあるためだ。
そのハリケーンはノースカロライナ州をかすめてバージニア州からワシントンDC直近の海上を北上し、フィラデルフィアを暴風圏に 入れて更に北上、ニュージャージー州から陸上を北東に進行してニューヨーク市を直撃するという予報がでた。
もともと自然災害が無いところなのでそれに対する備えも準備も無いニューヨーク市。もしも、再度直撃を受けたら無傷ではすまない ことは誰でも理解できた。
更に満潮時と重なり高潮の警告がでた。海抜0メートルに2mの高潮が襲ったら市内のほとんどが水没しかねない。
市当局は早目に警告を発し、地域住民に避難勧告、命令を出した。直撃予定の2日も前の話である。
それほど73年前の被害のトラウマが大きいことを示している。


ニューヨーク市直撃の予想時間は土曜日の夕方と計算できたため金曜日のうちにニューヨーク三空港(JFK,ラガーディア、ニューアーク)は土曜日 の午後から「全面閉鎖」と決まった。
その時点でハリケーンはワシントンDCのやや南に有り勢力を保ったまま北上中であった。
暴風域の半径は数百kmに及ぶのではるか南方のワシントンDC辺りにハリケーンが有ってもニューヨークは雨、風がそこそこ降ったり、吹いていた。
ハリケーンはワシントンDCを過ぎフィラデルフィア辺りに差し掛かったところで急激に勢力が衰え熱帯低気圧に変わり、ハリケーンでは なくなった。土曜日の朝の話である。
しかし、空港は予定通り閉鎖されたままであった。無理をして再開して事故でもあったらそれこそ人災になってしまうからそれは避けなければ ならないが、再開はしなかった。
土曜日の朝こそそこそこの風が吹いた。といってもそれくらいの風はハリケーンでなくても吹くくらいの風であった。 午後も大したことはなかった。でも空港は閉鎖のまま。日曜日は低気圧もニューヨークを通りすぎボストン方面に向かっていたので ニューヨーク市は穏やかな天気となった。しかし、空港は閉鎖のまま。
言ってみれば今回のハリケーンは「雨ハリケーン」であり、多くの地域で浸水被害が発生してその煽りを食らって停電も発生した。 変電所が水浸しになってしまったためである。停電は1日~5日ほど続いた(地域差が)ある。

旅行者は大変な被害を被ったが、拍子抜けしたハリケーン騒動であった。

四輪駆動車普及のきっかけ

1993年の2月から3月に掛けてニューヨーク市は毎週末に30cm前後の積雪がつづき一時は平地(田畑等)の累積積雪が1mを超えたしまった。 スリートと呼ばれる氷雨が降り電線を切断したため多くの人々が停電の被害を受けた。停電になるとヒーターもセントラルヒーティングも 使えない。老人世帯が生命の危機に陥り、ニューヨーク州当局は非常事態宣言を発し、それらの人々を助けるために雪道でも走れるジープや 四輪駆動車を持っている人にボランティアの緊急応援を頼み老人たちを凍死から救い出す騒ぎがあった。
これを機にそれまでたくさん有った「ワゴン車」が無くなり人々は四輪駆動を使い始めた。その四輪駆動車は「SUV」となり、 四輪駆動でないものは「ミニバン」に進化していった。

被害の度合いは異なるが「自然災害が無い」とはいっても少なからずあるものだ。

Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com
Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo