天空の里のピクニックで見るパノラマ絶景
ホームページ
民宿一覧表
かんながわ
ドットコム
神流町紹介
神流町
観光案内所
お問い合わせ
天空の里から
見る景色
「天空の里」持倉は赤久縄山の日あたりの良い南南西斜面に位置しています。
写真の左上の角の部分がちょうど赤久縄山(あかぐなさん、1522m、群馬の百名山、一等三角点)の頂上部分にあたります。 集落内を西から東へ続く道路は 「神流(かんな)マウンテンラン&ウォーク」のコースの一部となっています。


場 所
ようらく渓流釣り場内
建 物
貸し民家1棟、ログハウス2棟(ロフト有)
体 験
ピザ焼き窯、キャンプ場、BBQハウス、釣り、ハイキング、山菜採り(季節による)、手打ちそば作り、手作りコンニャク、家庭用菜園など等
食 事
食事は自炊となります
駐車スペース
有り
バス・トイレ
民家:有り、ログハウスはキャンプ場のトイレ使用
台 所
民家:有り、ログハウスは無
料 金
民家:\9000(5名まで)、ログハウス:6畳(\7000)、4.5畳(\6000)
チェックイン
チェックイン1:00PM〜、チェックアウト〜12:00PM
長期滞在
1週間以上滞在の場合はディスカウントが有ります。
地図(Google)
グーグル地図
道路地図
道順説明
詳 細
電話、メールでお問い合わせください
特徴
「ようらく」は渓流釣り場のため天空の里の谷底に位置しておりますが、天空の里の天空の部分(上の写真)に体験宿泊をして 見たい方はご連絡ください。天空の里の皆さんに連絡して空き状況を確認するお手伝いをすることはできます。
電話、メールでお問い合わせください
時代背景
今から時代を遡ること800年前、源平の合戦で落ち武者となった平家の武士がこの山奥に落ち延びてから持倉が始まりました。
その昔は今と違い道路もなく急斜面のため馬でも登ることが出来ず、馬を大変可愛がっていた武士は馬の鞍を外して身軽にして やり馬が山に登れるように配慮したそうです。
外した鞍は武士が自分で背負って登ったそうです。 「馬の鞍(倉)を持って登った」ことから「持(もち)・鞍(倉)」と呼ばれるようになったということが言い伝えられています。
現代の子供達には想像もできないいにしえの時代のできことです。
村の古老たちから聞く「昔話」は800年の持倉の歴史の時空を越えたいにしえの時代にタイムスリップをするような錯覚に陥ることでしょう。
子供達のみならず若者にも興味津々の話でしょう。
夜は囲炉裏を囲んで古老の話を聞き、昼は近くの山から眺める秩父・群馬奥多野の山塊の眺望はなんとも言えない絶景と言っても良いでしょう。
一泊二日の小旅行がお勧めです。

経営者
ようらく渓流釣り場 岩崎臣人
住 所
ようらく渓流釣り場 群馬県多野郡神流町持倉570番地
TEL/ファックス
TEL/FAX: 0274-57-2519 
Eメール
rf-youraku@docomo.ne.jp こちらをクリック


岩崎臣人
オーナーからのメッセージ:
毎度ようらくをご利用いただき有難うございます。
ようらくでは 貸し民家、ログハウスも利用できます。
釣り以外の目的でも都会の雑踏を離れて静かな時間が必要なとき(物書き、制作、思考等)にご利用ください。 静かな環境で川のせせらぎと小鳥のさえずりを聞きながらゆったりとした時間をお過ごしいただけます。 「山にこもりたい」というときに最適です。  週単位で滞在する場合は料金も割引相談に応じます。
是非お問い合わせください。 
春、夏、秋、冬、一年中ご利用いただけます。


貸し民家

台所

玄関

ログハウス

ログハウス内ロフト

ログハウス 温もりのある室内
ログハウスの建材はすべて自家産の材木、板材を使用しています。
<持倉に関するいくつかのサイト紹介>
集落支援員in持倉
自転車で越えた持倉峠
神流マウンテンラン&ウォーク
神流マウンテンラン&ウォーク part-2
神流マウンテンラン&ウォーク 関連ビデオ
持倉の写真
ホームページ
民宿一覧表
かんながわ
ドットコム
神流町紹介
神流町
観光案内所
お問い合わせ
天空の里から
見る景色
愛犬のオムツ
盆栽彫刻刀

ようらく 渓流釣り場
群馬県多野郡神流町持倉570番地
電話:0274-57-2519
E-mail: rf-youraku@docomo.ne.jp こちらをクリック


Designed by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo