ようらくの釣り場の各種データを紹介、川のサイズ、水量、水質、養殖中の魚の種類等
渓流魚の一般的な釣り方、方法、注意点等を説明、管理釣り場といって甘く見ないことが大事
現場からお知らせする具体的な情報、ようらくでの注意点、先行者の原則無し等
ようらくへの行きかた、道路地図、料金表、現場釣り場の地図などを掲載
群馬県多野郡はどのような所かを簡単に概略説明します
家族連れで釣りを楽しむ、ようらくを楽しむ人のための情報、燻製の作り方へのリンク等
ようらくに関してすべてを文字情報で読むページです
サイトマップ、構成図、ようらくのHPは30ページ以上の数があるので見逃しが多いのでサイトマップでチェック
ヤマメの写真をアップで見ます
フライ釣り場の説明
アニメーションアイコン集
ヤマメの塩焼きの作り方等の説明
ようらくの四季を写真集でお見せしています
ヤマメの放流の手順を写真で説明
「深山幽谷」とも言える山奥の源流域にあるようらくの釣り場が他所とは違う点を説明しています
釣り場全体の図解説明
ようらくの周辺の秋の光景をお見せする写真集です

ようらくの釣り場をビデオでお見せしています。見て納得、行って納得。








釣りビデオにリンク
画像





石原都知事、アホな記者の質問にブチ切れ(靖国参拝)




群馬県多野郡全体地図はここをクリック




やまめ
大き過ぎず小さ過ぎず20cm前後の魚が一番美味しいです。写真のものはちょっと小振りで15cm前後が多いです。
釣り味は「大物」のほうがの醍醐味、重量感があります。
しかし、食味は大きいものよりも20cm前後の魚のほうが『美味しい』です。
これだけ釣れれば家族へのお土産も、酒の肴の塩焼きも充分!


やまめ
写真のサイズは18cmのやや小ぶりの2匹を選びました。小ぶりのヤマメは頭から尻尾まで骨を残すことなくまるごと食べることができます。 これが特徴です。それだけ骨が柔らかい魚です。
ワタはきれいに取り去ります。背骨のところにある血あいもきれいに取り除きます。
イワナはヤマメよりは多少骨が固めですが、それでも20cmクラスなら全く気にならず に骨も食べられます。

やまめ
次は焼き串に魚を刺すことになりますが、ただ刺すのではなく「魚の躍動感」を 考えて刺しましょう!
1文字でもなく、くの字でもなく、ややS字がかった形にするのが一番きれいに見えます。
これはまさにヤマメが上流に向かってジャンプをするときの形といえます。
次は「塩」です。

やまめの塩焼き
塩はやはり「荒塩」を使いましょう。
海水から取られた結晶の大きいミネラルをたっぷり含んだ荒塩はヤマメの味をさらに 引き立ててくれます。
一般に売られているテーブル食塩などは見てくれも良くなく、味も落ちますので 敬遠したほうが良いです。
最後に、焼き方は「昔のサンマ」型ではなく、なるべく天火(またはオーブン)を使い 熱で溶けた脂肪分が燃えて煙となってヤマメに付くのを避けましょう。それにより ヤマメの香りが100%残ることになります。


ヤマメを焼くなら囲炉裏があります (囲炉裏の説明)

やまめの塩焼き 虹鱒の塩焼き
やまめの甘露煮 やまめの甘露煮 やまめの甘露煮通販
岩魚
ブログ 怪しい面々でさらに詳しく見ることができます


岩魚の骨酒の作り方を説明しているサイト




Created by Kannagawa.com
Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo