深い霧に包まれる標高1000mを越える山々。その谷底にある「深山幽谷」ようらくの渓流釣り場の魅力は自然の渓流を そのまま保存していることである。
しかし、道無き山の尾根を何時間も歩く必要もなく、車ですぐ川(沢)の傍まで行ける手軽さは今まで山奥の釣りを していた人には驚きをもって歓迎されている。
周囲を1000mを越える山々に取り囲まれた「ようらく」の源流釣り場は左の写真の中央部(霧の下)に位置します。 釣り場の最下流部(開始地点)は標高700m、そして最上流部は900m、その標高差は200mにもなります。 本流の神流川の支流を何キロメートルも奥に入った、文字通りの減流域に位置するのがようらくの源流・渓流釣り場です。
夏場は霧が立ち込み、夕立の雨粒の大きさは半端ではありません。周囲はほとんど広葉樹林の原生林に近い山々のため川を流れる水は澄み渡り、水温は身を切るように冷たいのが 特徴です。特に夏場は外気温と水温の温度差は極端に大きくなります。気温が30度を超えても水温は15度以下。

その谷川の低水温域で生まれ、育つ魚達はサイズはさほど大きくなりません。しかし、『天は二物を与えず』のことわざの如くサイズの代わりに 『味』 を与えてくれたのです。
釣る魚のサイズにこだわるか、味にこだわるか、それは釣り人が決めることです。



区間①はようらくの源流部で最も険しい渓谷部分であり、周囲は巨岩と岩の壁で囲まれています。そのため「上級者のみ」にお勧めできる区間です。初心者の人は釣りどころか立ち入らないことを併せてお勧めします。
この部分には原則として魚が放流されることがありません。従って、釣れる魚は天然、或いは上流部から下ってきた魚が天然化したものと思ってよいでしょう。

区間②はなだらかな渓流部分となっていますが一部巨岩があったり、岩登りを要求されることがあります。この区間も原則として魚の放流は実施されていません。
しかしながら、大雨等で下って来た魚がかなりの数この部分に定位しますので割りと穴場といえます。
区間③はようらくの渓流釣り場の中では一番のフラットの部分であり子供から女性まで、誰でも気楽に釣りができる部分です。そのため一番人気の区間でもあり魚が一番多く放流される区間です。 釣り残りの魚も多く魚影が一番濃い釣り場区間です。
区間④から上流は餌釣り区間です。橋からすぐ上流の滝つぼまでがその区間ですが橋から上流50mくらいが釣り易く、滝つぼの周辺は岩の壁に囲まれているためかなり厳しい現場です。下流から 釣り上るのが唯一の釣り方であり、また下流に戻ってから出ないとそこから脱出することは不可能です。
区間⑤は滝から上流の東沢と本沢の合流地点まででキャンプ場やBBQハウスがある区間の隣を流れています。餌釣りでは最も人気がある区間であり、放流も一番たくさん実施される 区間です。適度の傾斜があり、岩も淵も多く餌釣り一番人気の条件を備えています。
子供でも女性でもさほど難しくなく釣りができますが、子供に釣りをさせる場合は必ず大人が付き添うことをお勧めします。(これはどの釣り場にも言えることです)
区間⑥、⑦、⑧は沢の幅が狭くなり、傾斜が急な部分です。沢の片方は岩の壁になっており、釣るポイントは段々状に続く淵をひとつひとつ釣り上ることになります。一部かなり厳しい場所も あるので子供には向かないでしょう。
区間⑨は東沢の部分ですが、水量が少ないためあまり人気がありませんが、小さい淵が連続して続く区間です。もしかしたら大物がいる可能性も否定できません。