釣りビデオにリンク


フォトギャラリー






石原都知事、ブチ切れ(靖国参拝)





 1500mを越える山々のピークから一滴のしずくが落ち、泉が湧き、やがて源流のクリークとなり、 標高900mから700mに広がるバレーのフィッシングエリアは推測の域は出ませんが、日本でもたぶん一番 「ハイエレベーション(標高の高い所)の管理釣り場」のひとつではないか と思っています。

 『ようらく』は管理釣り場とは言え、 コモンセンス(一般常識)でいうところの渓流釣りとはそのシーナリー(景観)はかなり違います。 いわば深山幽谷ともいえるハイマウンテンのクリーク、バレーのフィッシング・エリアと言っても過言ではありません。 夏場でもバレーからは霧が立ち上り両岸の山のピークは見えないことがよくあります。
 「ようらく」のユーザー、リピーターの感想として「凄い…!山奥なので驚いた!」という声をよく耳にします。 そのとおりです。 「ようらく」はシンプルな渓流釣り場ではありません。 数少ない山奥の『ネーティブ・バレー』のフィッシング・エリアなのです。

その釣り場環境は貴方に大いなるサプライズを体験させるでしょう。 楽しい1日が終わった後は「今日は山に行ってきた!」という 実感と充実感が余韻として残ります。単にフィッシングに行ってきたという以上のものが視覚、聴覚、そして 肌を通じて残っているのも「ようらく」の自慢です。
このようなフィッシングが出来るポイントは普通ならば車を降りてから1時間も、2時間も沢登りをする覚悟のあるかなり ハマッているフィッシャーマンくらいのものでしょう。

 「ローウォーター(水量が少なかった)!」という感想の人もいます。
このような深山幽谷に位置するネーティブクリークでのヤマメ釣りです。川幅は狭く、ウォーターのレベルはハイではありません。 それは源流域に踏み込んだ経験のある人ならば誰でも知る事実です。
今まで通っていた他のフィッシングエリアのコモンセンスはこの際忘れて「ようらく」にチャレンジしてください。
その深山幽谷のフィッシングエリアにはバレーの部分もあり、 釣り場地図 の①、②の区間(特に①の区間)は クリーク・クライマー(沢登りの経験者)でもない限り近づかないほうがベターと思います。ビギナーにはリスクが多いかも知れません。
しかしながら、③(写真:上)、④、⑤の区間は平らで子供でも十分に安全な釣りができる場所です。
このようにバラエティーに富んだフィッシングエリアが自慢のひとつです。
 ①、②、⑥、⑦のエリアはネーティブクリークの風景の中にあり、そこではフィッシングをすること自体が 他では味わえない「エクスペリオンス(体験)」です。つまり、環境そのものにもバリューがあると思っています。
言い方を変えれば、「誰でも車で行けるネーティブ・クリーク・フィッシング」と言えます。
これが、いわば「ようらく」の最大の特徴で魚のクオリティーのみならず、「ネーティブ・クリーク・ビュー(源流景色)の質」も自慢できます。
夏場はうっそうと茂った樹々の葉からの時たま差し込むサンシャインの下でセミの声を聞きながらのフィッシングも一味違います。 (区間③、④を除く)
特に夏場は朝夕の数時間しか釣りができないのが標高の低い平地での釣りですが、ようらくの水は極めて冷たいために魚の活性は真昼間でも変わりません。従って朝から夕までずっと釣りを楽しむことができます。 これも特色のひとつです。

  深山幽谷のネーティブ・クリークで育つヤマメやイワナ又はレインボー・トラウト がどのような魚であるかは説明するまでもないでしょう。 フィレッシュ・ウォーター・フィッシュはその棲むウォーターのクオリティーよって同じ魚種でも性質や肉質がチェンジして しまうことは言うまでもありません。
「ようらく」のアップストリーム(上流)には農薬などを使用する田畑は存在しません。 あるのは広葉樹と針葉樹のフォレスト(森)とほぼバーチカル(垂直)ともいえる感じでそびえたつ1500mの険しい山々だけです。

美味しいヤマメを安心して食べられる優しい環境とそのフレッシュ&ハイクラリティー(透明度)の沢でひとときを過ごせるのが 「ようらく」です。 成魚を買ってきてリリースする釣り場(エリア)・釣り掘(ポンド)や、池(レイク)、或いは里山に近い小川(?)同然のクリーク で釣るヤマメと同じにしてもらいたくないのが「ようらくのネーティブ・クリーク」です。


そのヤマメ釣りを誰でもエンジョイできて、魚をテイストできるようにしたのが 「ザ・ようらく」です。

採卵風景を見る
ヤマメのあいさつ(16kb)


Created by Kannagawa.com
Creative DVD Yoraku Hitorigoto Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo